白凛居はくりんきょ

観る

笠間出身のイコン画家 山下りんの生き方に触れて

日本最初の女流聖像(イコン)画家として1858年に笠間で生まれた山下りんさんの遺品や研究資料などを展示、収蔵しています。イコン画を学ぶために23歳でロシアに留学を決め、帰国してからは現在の神田ニコライ堂内にアトリエが設けられ、その後20数年描かれました。子孫が月に2~3回程度開館しています。開館日はホームページにて要確認。

0296-72-9222

  • ※電話番号は観光協会
  • 笠間市笠間1510
  • 月2回(第3金曜、第4火曜)ホームページ参照